北九州アンサー相続サポートセンタートップサービス案内 > 不動産売買支援

不動産売買支援

相続財産のうち、半分以上を占めるのが不動産です。上手な不動産売買で、相続が大きく変わります。

現在の日本人の相続資産の中心は不動産です。不動産の有効活用、相続登記、売却・購入・投資等のご相談は、不動産に強い、当センターにお任せください。

サービス内容

生前の相続対策の一環として不動産の売却をお考え中の方、あるいは相続発生後に諸般の事情から不動産の売却をお考えになっている方、相続のプロと不動産売買仲介のプロが連携してスムーズな不動産売却を支援します。 
また、同様の理由で不動産購入をお考えの時も、専門家が豊富な物件情報と経験をもとに親切・丁寧に購入を支援します。

不動産売買支援サービスのメリット

不動産売買支援サービスのメリット

相続問題が絡んだ売買は、一般の売買と違って特殊な事情を考慮しなければならない場合があります。
一例を挙げれば、「納税のための売却」や「相続税の取得費加算の特例を使おうとする場合」などは、売却までの期間に一定の制約がありますので、その期限内に契約を終わらせることを最優先させなければならないということもあるでしょう。

また、相続税対策としての不動産購入であれば、「納税対策」「分割対策」とあわせて物件の規模やローンの活用を考えていくことも大切になります。

北九州アンサー相続サポートセンターでは、相続と不動産売買仲介それぞれの専門家の連携により、お客様の描く相続ストーリーに合わせた不動産売買を支援しています。

トラブルの例

  1. 不動産仲介業者の説明不足により、相続した土地・建物を期限までに売却できなかった。

    トラブル内容

    相続した土地・建物をしばらくして売却することにしたが、相続税の取得費加算の特例について不動産仲介業者が教えてくれなかった(知らなかった?)ので、期限までに売却もできずに、みすみす高い税金を払うことになった。

    上記トラブルの防止策

    相続対策として賃貸物件を建てようとする場合は、立地に基づいた市場調査を基に長期的な需給見通し・収支見通しを立て、投資に値するものかどうかという判断が必要です。相続対策だけに目がいってしまい不動産賃貸業を経営するという視点を疎かにしてしまわないよう、両方の視点からバランスよく検証することが重要です。

  2. 遊休地を売却した後になって、売却せずに有効利用する方が長期的にメリットがあることが判明した。

    トラブル内容

    納税資金を捻出するためには、遊休地を売却するしかないと思い、不動産仲介業者に依頼して買主を探してもらったが、後になって、実は売却するよりも残して有効利用する方が長期的にメリットがあったことがわかった。

    上記トラブルの防止策

    相続問題に関する知識と経験が豊富な不動産仲介業者に依頼することが必要です。
    このようなトラブルが起こらないよう、北九州アンサー相続サポートセンターでは、事前に具体的な対策についてご説明差し上げると共に、様々なアイデアを積極的にご提案させていただいております。

不動産売買支援の流れ

売却の場合

購入の場合

不動産売買支援に必要な書類

売却の場合
  • 不動産権利証
  • 購入時のパンフレットなど
    (マンションの場合)
  • 土地の測量図面や建物の図面等
  • 固定資産税の納付書もしくは公課証明書
  • その他の資産の概要がわかる資料
  • 相続人の状況がわかる資料
    (氏名・生年月日・続柄など)
購入の場合
  • 資産の概要がわかる資料
  • 相続人の状況がわかる資料
    (氏名・生年月日・続柄など)

ご自身や家族のためにも、ぜひ有効な土地の活用を!

相続と土地活用に関して、まずはお気軽にご相談ください。
その中で、あなたやあなたのご家族にとって一番ハッピーな土地の有効活用を実現させていきましょう。

サービス案内一覧へ戻る

相続に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に

ご相談・お問い合わせ

メールマガジン

相続用語辞典

相続税簡単シミュレーション

贈与税簡単シミュレーション

相続対策3択クイズ

ご利用者の声

相続に関するよくあるご質問

全国相続サポートセンター

TOP